お店に出勤する時に必要な持ち物リスト

派遣のキャバクラ嬢として働き始める時、できるだけ用意しておきたいものがいくつかあるので、それを事前にチェックしておきましょう。

キャバクラでの接客にふさわしい衣装を持っていたり、お気に入りのドレスがあるなら、それを持って行くようにしてください。
衣装に合わせたサンダルなどもあれば持っていきましょう。
ポーチも、できるだけ衣装に合わせたものを用意しておくこと。
これは接客時にいろいろと小物を入れておくために必要なので、お客様に見られても平気なものを用意しておきたいですね。

その小物リストを挙げていくと、ハンカチは必須中の必須
何か拭く必要があった時にすぐに取り出せるようにしておかないといけません。
タバコを吸わない女の子が忘れてしまいがちなライターですけど、これもちゃんと用意しておきましょう。
男性のくわえたタバコに火をつけてあげるのも、キャバ嬢の大事なお仕事です。

ヘアメイクはお店でやってもらえることが多いですが、それでも簡単なメイク直し道具は持っておいた方が安心。
飲み物も口にするでしょうし、サササッと直せるようにしておくと不便な思いや恥ずかしい思いをせずに済みますよ。

メモをする時に必要になる筆記具もリストに加えておきましょう。
ボールペン1本あれば、とりあえずOK。
派遣のキャバクラ嬢でもお店から名刺を渡されることがあるので、名刺入れも持っていくようにしてください。

一部はレンタルで借りることもできます

ドレスなどの衣装やサンダルなどの靴、あとポーチなんかに関しては、お店や派遣会社にレンタルで借りることもできるようになっています。
なので絶対に持って行かないといけないものではないんですけど、レンタルのものだとサイズが合っていなかったり、どこかほつれていたりもするので、やっぱり自分で用意しておいた方がいいかもしれません。
気分ややる気にも影響するはず。



派遣のキャバクラ嬢の場合、特に未経験者は急に一式を揃えるのは難しいと思うので、最初はレンタルでも全然OK。
ただ、レンタル代がかかることもありますから、長く使えるよう徐々に自分のための衣装を揃えていくことをおすすめします。
働きながら他のキャバクラ嬢の着ている衣装なんかも参考にしつつ揃えていくといいですよ。

レンタルの時にお金がかかることも見据えて、ちょっと余分にお金も持って行きましょう。
ヘアメイクもお店の専属スタッフではなく店外でやらなくちゃいけなくなった時に、ちょっとでもお金を持っていれば安心。
もしくは、すぐにお金を下ろせるようにしておいてください。