派遣に登録して働くことができるお店の種類

キャバクラ嬢として働きたいと思って、派遣という働き方を選んでお仕事を探し始めると、そこに“ガールズバー”や“クラブ”といった、キャバクラとはちょっと違うお店が目に付くこともあるかもしれません。

派遣会社としては、「キャバクラで働きたい女の子募集!」としているんですけど、実際には夜のお店全般と提携しているケースが多いので、女の子に働く気さえあれば、他の種類のお店にも派遣という形で勤務することができるんです。

もちろん、働くお店の種類は自分で好きなように選ぶことができますよ。
最初はキャバクラ派遣にしか興味がなかったけど、キャバクラの予約が全然取れなくて、しょうがないから他の形態のお店で働いてみたら「こっちの方が私に合ってるかも!」と思って、キャバクラ以外のお店でのお仕事が中心になっていっても全然問題ありません。



ざっくりですけど、仕事内容の違いも把握しておきましょう。
キャバクラは、男性のお客様と同じテーブルに座って、お酒を飲んだりお話をしたりするのが主なお仕事です。

クラブも仕事内容的にはキャバクラと大体同じ。
キャバクラには存在しない“ママ”がいるところが、大きな違いですね。

ガールズバーは上の2つとは違って、カウンター越しに接客をします。
隣同士に座ったりはしないところが特徴で、でも一番の特徴は夜の間中ずっとお仕事ができるところ。
夜から朝まで営業できるので、夜型の人にはいいかもしれません。

派遣で働く女の子が知っておきたい大きな違いとは

仕事内容の違いも大事なんですけど、夜のお店で初めて働く女の子が絶対に押さえておきたい違いがあります。

クラブは基本会員制なので、一見さんお断り。
高級なお店は特にそう。
一見さんでも入れるお店もありますけど、料金がちょっと高いこともあって、お客様の男性は年配の方が多めです。
なので、話の内容とかも比較的落ち着いていて、客層も紳士的な人が多い傾向があります。

ワイワイ騒ぐ感じの雰囲気が好きじゃない人は、キャバクラ以外のお店を選択するのもアリかもしれません。
それと、ガールズバーだとお客様に触られたりしないから、もし男性との接触をできるだけ避けたいのであれば、これもキャバクラよりも選ぶ価値が出てくるでしょう。



働くお店の種類によって、仕事内容の違いはもちろん働く時間や客層にも違いが出てくるのは面白いですよね。
他にもスナックやラウンジなどと提携している派遣会社もあるので、とりあえずはいろいろと体験してみてはどうでしょうか。
それで自分に合った業態やお店を見つけていく、そんな働き方も楽しいかもしれません。