キャバクラ派遣と会社の掛け持ちはバレる?

いろいろな事情や思いがあってキャバクラ派遣を選択する女の子も多いでしょう。
ということで、ここではキャバクラ派遣の疑問をいくつかピックアップして、それに答えていきます。

昼間にお仕事をしている人は、キャバ嬢として働いていることが会社にバレたら困る人が多いのでは?
そこで、「昼間のお仕事との掛け持ちはバレる?」という疑問から。
これは、確定申告のやり方次第では、会社にバレてしまうでしょう。
なぜバレるのか、それは、お給料や報酬の額によって住民税の額が決まるんですけど、その額が会社に伝わってしまうからなんです。

では、キャバクラで働いて受け取った分だけ会社に知られないようにするにはどうしたらいいのか。
確定申告の時に、住民税の支払い方法を「自分で納付」にすれば、キャバ嬢のお仕事で得た報酬分の住民税の額は会社に伝わらないので、掛け持ちがバレてしまうことはありません。

キャバクラ派遣の時給はどうやって決まるの?

同じ派遣会社に登録しても、キャバ嬢が得られる時給額は女の子によって違います。
そこで次の疑問、「時給はどうやって決まるの?」に答えていきましょう。

時給の額は、簡単に言ってしまえば、綺麗だったり可愛かったりする女の子は高い時給、そうでもない女の子は普通の時給という風に決まっているんです。
これは派遣会社に登録する時にスタッフさんが印象とか経験で決めています。

クオリティの高い女の子を欲しているお店では、その分高いお金を派遣会社に支払っているんですね。
だから、そういうお店に派遣される女の子は高い時給を受け取ることができるというわけなんです。

ということで、派遣会社に登録に行く時には、できるだけ自分が綺麗で可愛く見えるよう、しっかりとメイクをしてオシャレな格好もして行きましょう!
時給の高いお店へ派遣してもらいやすくなるかもしれません。

キャバクラ派遣にノルマや罰金はあるの?

お店に在籍する形で働くと、お店によってはキャバ嬢にノルマを課すことがあります。
それをクリアできなかったり、遅刻・欠勤があると罰金を支払わせたりするお店もありますね。
キャバクラ派遣の疑問、「ノルマや罰金はあるの?」について気になる女の子も多いはずです。

派遣の場合は、ノルマや罰金は基本的にありません。
特にノルマとは無縁で、100%ないと言ってもいいですね。
罰金もほぼほぼありませんけど、例えば遅刻や当日欠勤、無断欠勤があったり、それが続いたりすると、一定期間お仕事ができなくなる派遣会社もあるので要注意。
ひどい場合には登録を解除されてしまうかもしれません。
でも、普通に働いていれば、たとえ経験や実力がなくてもノルマや罰金は一切ないので安心ですよ。